患者と説明している医者
薬を飲む男性

ラミクタールはてんかん発作の予防、躁うつ病の維持治療に使われている医薬品です。
てんかんは脳の神経の電気信号が過剰に発射され意識障害やけいれん発作を繰り返す病気です。
抗てんかん薬であるラミクタールは脳神経の興奮を抑えててんかん発作を予防する働きがあります。
躁うつ病は双極性障害と言われ躁とうつを繰り返す心の病気です。
躁状態は落ち着きがなくなり行動がエスカレートし、うつ状態は気分が落ち込んでしまう状態になります。
双極性障害に使われるラミクタールは気分の浮き沈みをおさえることで躁やうつのの再発・再燃を防ぎます。
てんかん発作や躁うつ病に使われているラミクタールを服用する際にはどのような事に気を付ければ良いのでしょうか。
肝臓が悪い人は薬の排泄が遅れがちなので服用する量や間隔を配慮することが必要です。
また、いろいろな薬と作用しあう性質がある為使用している薬があれば医師に報告する必要があります。
服用には個人差があり、ラミクタールは通常少量から開始し効果や副作用をチェックしながら量を決めていきます。
飲む量が決まったら用量はきちんと守ることが大切です。
また、自分の判断で急に使用を中止してはいけません。
ラミクタールを急に中止する事によって重いけいれん発作を引き起こしてしまう可能性があります。
そのため医師の指示の通りに飲み続けなければなりません。
この薬は眠気を促したり、集中力・注意力・反射運動能力が低下する事があるので車の運転や危険な作業は避けなければなりません。
また、長期的に服用している場合は定期的に検査を受け効き目や副作用をチェックする必要があります。
ラミクタールはてんかんや躁うつ病に効果のあるお薬ですが用法用量を間違えると危険な薬です。
服用する時は必ず医師の指示のもと服用するようにしましょう。